家庭用脱毛機器活用のメリット

近年では、家庭用の脱毛器具も性能が良くなっていて量販店などで販売して実機を見ても簡単に軽い機器が沢山出ています。機能などが優れているものでも数万円出せば購入出来る為、脱毛クリニックに通う時間のない人には最適になります。一つの脱毛機器を購入すれば体全体脱毛に活用出来るので、やけどなどの怪我も無く手軽に簡単に施術が自分の好きな時間に行えます。昔の機器は低温やけどなど、機器によってはあまり性能が良くないものも多かったのですが、近年では脱毛クリニックで施術を受ける機器にかなり近づいていて驚きました。私が使ったタイプはスティック形状のタイプで先がスティックのりの先の様に脱毛箇所に当ててレーザーを出すタイプのもので、段階も3段階に分けて出力されます。最初から3の一番上でやると毛の多い箇所で施術を行ってしまうと、かなりの痛みを伴う事が考えられる為最初の内は一番低い1のレベルでどの程度の痛みなのかを確認しながら行う事がおすすめです。脱毛箇所によってはデリケートな部位もあるから、やはり段階を踏みながら毛が少なくなってくれば一番レベルの高い3で出力を行って施術をすると効率が良く脱毛を行えます。脱毛も毛の生え変わる周期があり、大体体で2ヶ月間隔、顔などの部位は1ヶ月間隔で行うと調度良い毛周期のタイミングに合う様です。顔の部位では4ヶ月サイクルで毛が生え変わっていく様で、そこでタイミング良く毛が元気な部分で出力出来れば脱毛もかなりヒットして毛が生えなくなっていきます。逆に毛が老化して抜けていく元気の無い毛に脱毛を行っても、またその毛の後に新しい毛が生えてきます。こうしたサイクルを上手につかみながら脱毛機器を使えば脱毛もより効果的に毛が減っていきます。脱毛もクリニックで行うのは、通う時間のある人はやはりクリニックの機械で行った方がより減り具合も良いでしょうが、時間の取れない人にとっては、家庭用の脱毛機器を活用する事はかなり効果的な方法となります。長いスパンで脱毛を行えばそれこそ家庭用の脱毛機器はいつでも時間が取れるタイミングで行える為より良い形で脱毛も行えます。コスパの部分に置いても家庭用の脱毛機器の方が壊れにくく、もし壊れたとしても保証の期間の中であれば無料で秀吏を行えます。そう言った部分でも脱毛機器を活用して長いスパンで脱毛を行えば、それこそクリニックよりも遥かに安いコストで脱毛を行えます。

ムダ毛の処理を自分でするときに気をつけたい注意点とは?

女性にとって身だしなみの一つともいえるムダ毛の処理ですが、
脱毛サロンやクリニックは時間やお金のやりくりでむずかしい面もあり、
自己処理ですませている人も少なくありません。

お金もかからず、自分の都合にあわせて気軽にできる自己処理ですが、注意も必要です。

この記事では、自分でムダ毛の処理をするときに気をつけたい、いくつかの注意点についてお伝えしたいと思います。

・カミソリでの自己処理

カミソリはムダ毛の処理でもっともよく使われるアイテムですが、
刃物であるため、どんなに慎重にやっても、刃が肌の表面をすべっているので、
実際には必要以上に角質層を削り取ってしまっていたり、無数の小さな傷をつけてしまっています。

肌への負担を減らすためにも、やってはいけない剃り方というものがあり、それは以下のようなものです。

①逆剃り

毛並みとは反対の方向に剃ると皮膚も引っ張られて角質も削ることになり、肌荒れの原因にもなります。

②空剃り

シェービング剤などをつけずに肌にじかにカミソリを当てて剃るのは最も肌へダメージを与えてしまう剃り方です。

③押し付けて剃る

しっかり剃ろうとして力を入れた剃り方は、肌への負担を大きくします。

④繰り返し同じ所を何度も剃る

剃り残しがあってはいけないと何度も何度もカミソリをすべらせればすべらすだけ肌に傷をつけていることになります。

同じ理由から、カミソリによるムダ毛の処理は肌の回復を考えた場合、毎日するのはよくありません。

⑤劣化したカミソリを使う

まだ使えるからと言って同じカミソリをいつまでも使うことは危険ですし、肌にとってもよくありません。

刃のキレが悪くなることで、押し付けて剃る、何度も剃る、逆剃りをする、のやってはいけない剃り方をやってしまう可能性が高まります。

カミソリの場合、使用後の手入れと保管(よく洗って乾燥)も大事ですが、
それをまめにしていたとしても、できれば二週間、長くても一ケ月以上、
同じカミソリを使い続けることは避けましょう。

⑥正しい手順で剃らない

いきなり剃るのも肌への負担を大きくします。

まず剃る前に、剃る場所を蒸しタオルか入浴によってあたためましょう。
肌も毛も、タンパク質からできているため、温められることでやわらかくなり、剃りがスムーズになるからです。

入浴後が勧められますが、それは温めることと、剃ろうとする場所を洗って清潔にした状態でのぞめるからです。

肌を清潔な状態にしてから剃ることは大事で、剃ることでついた傷から雑菌が入ることを防いでくれます。

剃ったあとのアイシングや、肌への保湿ケアも必要です。

カミソリは手軽で便利なムダ毛処理のアイテムですが、長く使い続けるためには、
どんなに忙しくても正しい使い方と手順を守るマメさが求められます。

・電気シェーバーでの自己処理

電気シェーバーはカミソリに比べると肌への負担が少なくなりますが、
それでも正しい使い方と手順を守らなければ肌へダメージを与えることになります。

カミソリ同様、剃る前に、剃る場所を十分温めてからシェービング剤をぬり、
剃ったあとのアイシングや保湿ケアも必要です。
(ただし、シェービング剤を使わない機種もあるので説明書をよく読んでください)

うまく剃るためには、剃ろうとする場所にシェーバーのヘッドが垂直になるようにつけます。

このとき、剃り残しがないようにと強く押しつけるのは肌を傷つけることになるためNGです。

軽く当てて毛の流れに沿って動かす、あるいは逆剃りするのがコツです。

機種によって逆剃りはしないほうがよいものもあるため、説明書をよく読んでから使用しましょう。

腋や肘、膝などのように肌が平らでないところは、
シェーバーを持っていない方の手でつまんで伸ばしたり、
押し広げて平らになるようにしてからヘッドを当てて剃るとうまく剃れます。

逆に、肌が平らでないゆるんだ状態のままヘッドを押し付けると肌を傷つけることもあるので気をつけて下さい。

腋のように毛が長いところはあらかじめ毛をカットして短くしてから剃るとうまく剃れます。

シェーバーを清潔に保ち、使用し続けるためにも、水洗いできるものがお勧めですが、
ヘッド部分だけが洗えるものと、シェーバー全体が水洗いできるもがあり、
丸ごと洗えるタイプの方が手入れがしやすく、
入浴中でも使用が可能なため、こちらの方がお勧めです。

電気シェーバーは肌への負担がカミソリより少ない点で優れているものの、
肌に刃が直接当たらない分、深く剃ることができず、
ザラザラした感じを残さないようにするためには入念に剃る必要があり、時間がかかるのが難点です。

ムダ毛の処理でよく使われるカミソリと電気シェーバーを比較した場合、
コストや手入れの簡単さではカミソリの方が軍配が上がるものの、
肌への負担は電気シェーバーの方が少なく、カミソリよりも優れていると言えます

リーズナブルに脱毛するために覚えておきたいこと

エステサロンや美容クリニックで受けることができる脱毛は、カミソリなどのムダ毛の自己ケアと比べると、仕上がりが綺麗なのが魅力です。けれど施術費用が高額になりやすいため、チャレンジしたいものの躊躇する人が少なくありません。

脱毛施術をリーズナブルにしたいと思ったら、どのようなマシンで脱毛施術を行うか確認するのがおすすめです。業務用脱毛マシンには2つのタイプがあり、それによって施術費用が大きく変わってくるからです。

美容クリニックや美容外科などの医療機関では、レーザータイプの脱毛マシンが多く使われています。

これはレーザーの照射が医療行為にあたることが理由で、レーザー脱毛はムダ毛に大きなダメージを与えられるのがメリットです。その結果、1回の脱毛施術で効果が実感できる場合も多く、短い期間で脱毛を終わらせることも可能です。

その反面、脱毛施術は保険対応外のケアになるため、レーザー脱毛は施術費用が高額になるというデメリットがあります。

脱毛施術にかかる費用は、ケア回数や施術部位の広さによって違いがありますが、全身脱毛の場合では50万円以上になることもあります。

もう1つの業務用脱毛器であるフラッシュ脱毛は、主にエステサロンに導入されています。フラッシュ脱毛器はレーザー脱毛器の威力を弱めたもので、ほとんど痛みを感じないでムダ毛ケアできるのが最大のメリットです。

レーザー脱毛と比較すると施術期間が長くなるというデメリットがありますが、施術費用も安いので脱毛初心者におすすめです。フラッシュ脱毛で全身脱毛した場合、ケア費用の目安は10万円から20万円ほどになります。

脱毛を安く行うためにはフラッシュ脱毛を選ぶことが大切ですが、予定を立てて施術にチャレンジすることも重要です。

脱毛施術の予約を入れたものの、キャンセルしてしまうとペナルティ費用が発生してしまいます。これに加えて、脱毛施術中に日焼けをすると施術を中断することになり、契約したコースによっては無駄に費用を払うことになるので注意が必要です。

女性の場合、妊娠や授乳期間中は脱毛を中断する必要があるので、子供を産む予定がある人は脱毛契約時期をずらすようにしましょう。

脱毛施術にかかる費用はコース料金のほかにムダ毛のシェービング料やスキンケア代金・カウンセリング料や年会費などが発生することがあります。

これらの費用の取り扱いは店舗によって差があるので、脱毛の契約前にチェックすることで余計な出費が抑えられます。

脱毛場所によってはプロにお任せするのが賢明

冬場は衣服を着るのもありあまり気にならないムダ毛ですが夏に近づくにつれ肌を見せることも多くなるのでムダ毛処理は必要不可欠といえます。

そこで脱毛についてお話ししていきます。脇、足、腕の脱毛はドラッグスターなどで売られている除毛クリームを使用してしばらくはツルツルな感じもあると思われますがムダ毛はすぐに育ちます。

そこで除毛クリームで取り切れないムダ毛をムダ毛マシーンを使用して処理していく方法もあります。

ムダ毛マシーンを使用する際の注意は肌が乾燥しすぎていないこと。肌が乾燥しすぎていると折角ムダ毛を抜いたとしても毛穴から炎症が起きてしまいかゆみを生じる事もあります。

そのかゆみが改善したとしてもぽつぽつが残ってしまい大変なことになります。そのぽつぽつがひどくなるとかゆみがひどくなるだけでなく化膿疾患が起こる可能性もありますので脱毛の際は必ず肌の状態をプルプルに保っておくといいです。

プルプル肌で脱毛を行いその後も肌の状態を整える事を忘れないでください。。脱前後に肌がツルツルであれば脱毛は成功したものと考えられます。脱毛の中で最も難しいのはデリケート部分です。

出産などを経た人には理解できると思いますが出産後どうしてもデリケート部分は濃くなることがあります。もちろん濃くならない人もいます。

そこで自分での処理はなかなか難しいデリケート部分は結果的に脱毛エステに通うことをお勧めします。というのは自己処理するのは何故難しいかというとデリケート部分の肌はやはり弱く乾燥しやすく炎症を起こしやすい部分と言えるからです。

それでも自己処理したときにはかえって濃くしてしまう可能性があります。濃くなると下着を着る際も痛みを感じることもありかゆみなども出やすくなりより肌が荒れやすい状態となります。

そのためデリケート部分は必ず脱毛エステに通うことが効率的といえます。最近の脱毛エステは負担金も高すぎることもないので手軽にきれいになれる手段の一つといえます。

脱毛エステで使われる機械を使用することで自分ではできない部分も薄くより産毛に近づけることもできます。

脱毛エステの機械を何度かあてることで永久脱毛も可能になります。ムダ毛のない人生は何とも晴れやかな気持ちになります。

というのはムダ毛処理する前はざらざら感があったりして嫌な気分になることもありましたが処理を重ねることによりよりきれいにつるっとした肌になれて自分自身のおしゃれを楽しむこともできるようになっていきます。

結果的にデリケート部分以外は自分で脱毛するのもいいかとは思いますがデリケート部分だけはプロにお任せすることが賢明といえます。

おでこ 脱毛 失敗

脱毛を始める前の意外なポイント

脱毛を始める前に、大事なことはなんだと思いますか?

今主流のレーザー脱毛などを始める時に大事なこと、それは『スケジュール管理』です。

ふと思い立って脱毛に行きたい・・・夏に備えて、肌を綺麗にしておきたい!そんな風に思い立つのは、冬の寒さを抜けてタイツを脱ぎ、長袖が7分袖になったりする時ではありませんか?あ、今まで目立たなかったから手抜きしていたけど、気になる・・・ってこと、ありますよね。

そこですぐに脱毛に向かいたくなるかもしれませんが、『スケジュール管理』大丈夫ですか?

レーザー脱毛では、毛根の色素にレーザーが反応して、そこを破壊します。そのため、お肌の色は白い方が、毛根の黒さによりよく反応してくれますし、テスト脱毛などをしてレーザーの強さを決めたりします。

ちょっとあったかくなって、日差しが強くなり始める5月頃などは、意外なほどに紫外線が強くなってきている季節です。寒い時期にはパンツが多かった方でも、スカートも出番が増えてくるでしょう。

おなかの色と、手足の色、違いませんか?これは、夏のギラギラした紫外線だけでなく、日々の日差しでも容赦なくじわじわと肌を焼いているのです。脱毛に向けて、脱毛したい部位の日焼け対策も怠らず、計画的に備えることもまた重要です。

そして、脱毛スケジュール。ムダ毛にも、毛周期というものがあって、脱毛に適した時期があります。レーザーが効いて毛根がきちんと反応した後、次の日にまたレーザーを当てても意味がありません。

その場にある毛根がいなくなった後、さらにその下にあった”毛根の芽”が成長してきた時、その時が狙いどきです。そんな時に次回の予約をしたいのに、空いている枠に予約が取りづらい時があります。

ハイシーズンならなおさらです。夏の混み合ったサロンやクリニックでは予約できる時間帯がほとんど選べ無いこともあります。

次回は月曜の13時からなら空いてますと言われても、その頃は試験がある・・・仕事が忙しくなる時期で時間が取れない・・・バイトが・・・と色々な予定が目白押しで脱毛優先にできない時期もありますよね。

そして予約が取れないとスケジュールが後ろにズレていきます。

夏の肝心なイベントの時に、脱毛前で剃り跡を残してる!脱毛直後で毛穴が黒く残ってる!ってなったら泣きたくなっちゃいます。せっかくの水着もノースリーブも浴衣も台無しです。

そして、気をつけておきたいのは、予算。お給料が入ってくる前提でスケジュールを組んでしまうと、お給料日よりも先に次回の脱毛日程が来た、想定より回数がかかった・・・なんて時にピンチに陥ったり、逆にこのくらいの予算で出来るなら、他の気になる部位もやっとけばよかった!ってなるかもしれません。

脱毛は計画的に行って、ツルスベ肌で快適・楽しい日々を手に入れましょう!