結婚式と披露宴の違いって何だろう|結婚式場を探すなら事前リサーチがポイント!二人にぴったりな式場探し

結婚式と披露宴の違いって何だろう

結婚式場

結婚式とは

結婚式は、教会などのチャペルで新郎新婦となる二人がみんなの前で愛を誓う行為をすることです。そこで結婚指輪の交換などを行なっています。結婚式場は一宮にあるので、式場探しの時にチェックしてみると良いでしょう。

披露宴について

披露宴は、結婚式とは少し違って結婚したことを報告することを意味しています。お披露目であることから、食事を楽しんだり演出が行われたりします。

日本の結婚式の認識

日本では結婚式と披露宴は必ずセットで行うものだと思われている方も多いです。しかし、正しくはそのような決まりはないです。そのため、好きなスタイルに合わせて選ぶようにすると良いでしょう。

意味をしっかり知る

結婚式や披露宴はセットで行う必要がないのであれば、意味について考える必要がありますね。そのため、それぞれの行う意味について学んでいきましょう。

結婚式と披露宴を挙げる意味

周りの人の前で決意表明

自分に関わる人の前で結婚式や披露宴を挙げる意味は、ある種決意表明といえるでしょう。みんなの前で二人の新しい門出を見せることに意味があるようです。

お世話になった両親に成長姿を見せたい

結婚式場を自分達で決めて、大人になった姿の花嫁姿などを両親に見せることは成長姿を見せてあげたいといった気持ちが込められています。だからこそ、結婚式を挙げて親に見せることは親孝行とでも言えるでしょう。

ゲストに祝福してもらえる

結婚式とは、結婚式場に訪れた方々から結婚を祝福してもらえます。そのため、幸せも何倍にもなって感じることが出来るでしょう。

関係者に紹介すること

披露宴は、仕事関係や友人に自分のパートナーを紹介する意味合いがあります。両方の関係者が呼べる披露宴だからこその理由がありますね。

感謝の気持ちを表す場所

披露宴では、豪華な食事や演出などでゲストを楽しませる工夫がされていますよね。それにはきちんとした理由があり、ゲストの皆さんに感謝の気持ちを表していることがわかります。

広告募集中